握り寿司

Nigiri Zushi

最高のネタを
心を込めて握ります

Enjoy Our Traditional Sushi

「地魚に合うのは、地元の米と水」。それこそが地魚寿司の真骨頂であると考えています。シャリには地元産コシヒカリ、敷地内の井戸水を汲み上げて炊き上げます。千倉漁港を中心に毎日直送される日替り厳選ネタで心を込めて美味しいお寿司を握ります。ここではほんの一部ですが、大徳家の「握り寿司」の世界をご紹介させていただきます。
※海のご機嫌や旬の時期により入荷のない場合もございます。
鯵

千葉県で最もポピュラーな地魚ネタ。味わいだけなら青魚で一番美味い!というお客様も多い。大徳家では、南房総産限定で仕入れており、常に人気の高い地魚です。濃厚な味わいは「なめろう」ネタでも大活躍しています。
小肌

小肌

江戸前ネタの定番・小肌。昔ながらの仕事が味を左右する繊細な寿司です。
お酢締めの技術を駆使することが大得意の大徳家では、是非とも味わっていただきたい逸品。季節ごとに酢や塩加減を変えながら美味しさを引き出しています。
金目鯛

金目鯛

皮の内側にある脂が最高に美味ですので、大徳家では金目鯛の握りは必ず皮付きでお出ししています。千葉県産の金目鯛は伊豆に負けない美味さです。この他にも、地物白身魚ネタを季節ごとにご用意しております。お楽しみに。
煮蛤

煮蛤

煮蛤は、大徳家創業当時から存在し、今なお残る唯一のネタです。昔の仕事を継承したい、その一心で残しています。千葉県産の蛤を秘伝のタレに1週間以上漬け込んでからネタとして使っています。完全数量限定ネタです。
鮪

握りに欠かせない、寿司の華・マグロ。赤身はメバチマグロ、中トロ・大トロは本マグロ(肉のきめが細かく、味のバランスがいい150~200kg)を好んで仕入れています。是非食べ比べてみてください。
雲丹・イクラ

雲丹・イクラ

雲丹とイクラは本場の北海道から、特別なルートで上物だけを取り寄せています。食べるだけで口の中が「超・しあわせ」になる、目にも舌にも嬉しいネタです。地魚をこよなく愛する大徳家店主なのですが、実はこいつが大好物です。
煮あなご

煮あなご

千葉県産の活あなごを仕入れております。
通常の倍ほどの日本酒を使って煮上げるのが大徳家式。お客様のお口に入る直前に炙るので香ばしさも加わります。とろける煮あなごをご堪能下さい。